季節の木

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2019年12月22日(日)キャンドル礼拝説教概要 | トップページ | 2020年1月5日(日)新年礼拝説教概要 »

2019年12月31日 (火)

2019年12月29日(日)主日礼拝説教概要

説教タイトル:「羊飼いたちの礼拝」

説教テキスト:ルカによる福音書28節~20節 

 

初めに

今年最後の礼拝。礼拝という言葉を聴いた時、どんな場面を思い浮かべるだろうか。大抵は、教会の中で行われる礼拝を思い浮かべることだろう。礼拝という言葉で画像を検索すると、教会の中で行われる礼拝の様子を初めに見ることができる。教会での礼拝は礼拝の一部であり全てではない。聖書で描かれている礼拝は、野外での礼拝もあり、生活の中での礼拝もある。私たちは聖書から礼拝に関する幅広い知識とイメージを持つ必要がある。今朝の聖書箇の礼拝は野外であり、座っている礼拝ではなく動き出す礼拝である。彼らの礼拝がどのようなものかを見ていく。

 

  • 神の言葉を受け取る礼拝

救い主イエス・キリストがお生まれになられたことを知って、マリヤとヨセフのもとに来てイエスを見た者たちは、東方の博士たちと羊飼いたちのみ。合計人数は約10人前後。イエスは全人類のためにお生まれになられた神。それなのに全人類の中から10人しかイエスに会いに来なかった。酷い話。イエスがベツレヘムにお生まれになられることは聖書に記されていた。聖書を知っていた祭司や律法学者たち、ベツレヘムの住民たちは、イエスに会いに行く事はできたはず。しかしヘロデ王に殺されることを恐れて、イエスに会いにいかなかった。神は救い主がお生まれになったことを、ベツレヘムに住む羊飼いたちだけに知らされた。羊飼いと言う職業は、当時最も卑しい職業とされており、彼らは野宿のために神殿礼拝と裁判に参加することを許されず、ユダヤ教からは破門されるような身分。また彼らは住民登録から外されていた人たち。彼らの卑しい職業のために、住民登録される価値のない人たちとして扱われていた。神は彼らだけに救い主の誕生を知らせた。それは何故か。神は彼らがイエスのご降誕の知らせを受け取ってくれる者たちであると思ったから。聖書には「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。」(マタイ53)と書かれている。聖書で言っている「心が貧しい者」とは、イエスで満たされたいと願う者たち。反対に自分の心が世の中の様々なことで満たされていると、その人はイエスを求めることをしなくなる。羊飼いたちの心は自分の心を満たしてくれるものを求める人たち。彼らは心貧しい状態で救い主の誕生の知らせを聞いた。暗闇の大空は、神が用意されたスクリーンに代わり、そのスクリーンには天使が現れ、救い主がダビデの町の飼い葉桶の中にお生まれになったことが告げられた。するとスクリーンの画面が変わり、天国にいる大群衆と天使たちが「いと高きところでは、神に栄光があるように、地の上では、み心にかなう人々に平和があるように」。という賛美を捧げるのを聞いた。羊飼いたちは自分たちに示された神のお言葉とビジョンを受け取った。

 

  • 救い主を探す礼拝

羊飼いたちは神からのメッセージとビジョンを受け取った時に、救い主にお会いするために(神の言葉のことを確かめるために)ベツレヘムの町に出かけっていった。彼らがそのことを行うにあたっては、いくつかの障害があった。先ず、時は夜中であり、人探しをする時間ではなかったこと。もし私たちが救い主イエスを探すとしたら、ベツレヘムの町にいって何をするだろうか。町の人達に聞く以外にない。夜中に玄関のドアがノックされる音を聞いて、外に出てみたら、そこには卑しい羊飼いたち立っている。ベツレヘムに住む人たちは羊飼いたちと一緒に、救い主を探すべきであった。何故なら救い主は、2:10)で天使が宣言している通りに、「すべての民に与えられる大きな喜び」であるから。しかし現実には、羊飼いたちは睡眠を妨害された人たちによって罵声を浴びせられながら、救い主を探し回ったのではないか。また別の障害は、彼らは仕事をしていた。彼らの仕事は夜の野獣から羊たちを守ること。羊はペットでななく財産。羊が野獣に襲われたならば、彼らは生活が出来なくなる。彼らは自分たちの仕事を他の羊飼いに任せて、救い主を探し回らなければいけなかった。つまり自分の生活を犠牲にして救い主を探さなければいけなかった。それらの障害を乗り越えて、羊飼いたちはイエスを探しあてた。彼ら冒険心を支えていたのは、自分たちに語られた神の言葉とビジョンは本当の事であるという信仰。彼らの冒険心は自分の目で救い主を確かめるまでは満足しなかった。

 

  • 神に賛美を捧げる礼拝

羊飼いたちが救い主イエスに出会った後に、彼らがなしていることがある。それは人々にイエスのことを語り、神に賛美を捧げていることである。彼らのこの行いを、ルカは「羊飼たちは、見聞きしたことが何もかも自分たちに語られたとおりであったので、神をあがめ、またさんびしながら帰って行った。」と言っている。彼らが自分たちに語られた神の言葉を信じようと信じまいと、神の言葉は真実であり、救い主はベツレヘムの飼い葉桶の中にお生まれになられていた。しかし彼らが自分の目でイエスを確かめた時、彼らの心に賛美と証しが溢れ出したのだ。彼らの賛美と証しの土台となっていたものは大きな喜びである。天使が彼らに語った「見よ、すべての民に与えられる大きな喜び」を彼らは体験した。また彼らの喜びがどんなに大きなものであるのかは、「人々はみな、羊飼たちが話してくれたことを聞いて、不思議に思った。」と記されている。羊飼いたちは普通の人達から卑しい職業の人達であると思われていた。彼らが普通の人たちに何かを話すことなど何もないはず。しかし彼らは人々の前で賛美を捧げ、イエスのことを語ったのである。それは救い主イエスの誕生が「すべての民に与えられる大きな喜び」であるからだ。

 

終わりに

「羊飼いたちの礼拝」を見てきた。彼らの礼拝は私たちの礼拝に何を訴えているのか。礼拝で最も大切な事は神の言葉を受け取ること。神の言葉を受け取ることとイエスを受け取ることは同じこと。私たちの心が神の望まれないもので満たされているならば、神の言葉を受け取ることはできない。神の言葉を受け取るためには、心が貧しくされなければいけない。羊飼いたちが仕事人間であったならば、イエスのところに行くことはしなかったはず。聞いた神の言葉は単なる情報にすぎず、喜びに満たされることもなかった。神の言葉を受け取るかどうかは、私たちを礼拝者にするかどうかの大きな事柄。だから私たちは神の言葉を受け取るために、あらゆることを犠牲にして、神の言葉を受け取る必要がある。仕事を辞めて神の言葉を聴けと言っているのではない。神の言葉を受け取ることができなく程に、他の事に忙殺されてはいけない。

礼拝で大切な事は、聴いた神の言葉を確かめること。神の御言葉を確かめるためには神の言葉に従う以外にない。神の御言葉を確かめないで生きていくとどうなるのか。ベツレヘムの人たちは自分の生活で心が満ちていて、イエスを受け入れる余裕がなかった。だからイエスは宿屋ではなく馬小屋でお生まれになるしかなかった。またエルサレムの人たちは、救い主が生まれたことは知っていたけれど、ヘロデを恐れて、イエスに会いに行こうとしなかった。神に従わない人生は、生活の中で埋没するか、人を恐れて生きていくようになる。いずれの生き方にも喜びはない。神の言葉を確かめようとする時、私たちには様々な障害が出てくる。私たちは障害を数えて、神に従うことを止めるのではない。私たちが目に留めることは神の約束。神の約束とは、イエスを探す者は必ずイエスと出会うこと。またイエスとの出会いを体験する者は大きな喜びを体験する。ユダヤ地方で犠牲を払ってイエスを確かめたのは羊飼いたちだけ。私たちはその羊飼いのように生きたい。

 

« 2019年12月22日(日)キャンドル礼拝説教概要 | トップページ | 2020年1月5日(日)新年礼拝説教概要 »

毎週の礼拝説教」カテゴリの記事