季節の木

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2020年1月19日(日)主日礼拝説教概要 | トップページ | 2020年2月2日(日)主日礼拝説教概要 »

2020年1月26日 (日)

2020年1月26日(日)主日礼拝説教概要

説教タイトル:「サマリヤ人の信仰」

説教テキスト:ルカによる福音書17章11節~19節

 

初めに

「まちぶせ」という曲がある。荒井由実が作詞・作曲し、1976年に三木聖子によってシングルが発売された。1981年には石川ひとみがカバーしてヒットした。歌詞のさびに「もうすぐ わたしきっと あなたをふりむかせる」とある。イエスは愛の御業で10人のうち1人を振り向かせて方向転換させた。

 

  • イエスに求める信仰

イエスはエルサレムに向かっていく途中に、10人のらい病人に出会った。その中にサマリヤ人がいた。サマリヤ人とアッシリヤ人とイスラエルの民の間に生まれた混血民族であり、彼らはゲリジム山で独自の異端集団を作っていった。当時のユダヤ教では、らい病人は宗教的に汚れた者であったので、彼らは隔離された場所で共同生活をしていた。彼らが一般市民の集まる場所に行く際には、自分たちの汚れが他の人たちに移らないように、「私たちは汚れた者です」と叫ぶ必要があった。そのような彼らの近くをイエスが通られた。イエスが為された奇跡の噂は彼らにも届いていた。そこで彼らはイエスから遠くの場所に立ち、大声でイエスに叫び続けた。汚れた者である自分たちからイエスに近づいていくことはできないので、イエスの方から自分たちの所に来て頂くことを求めた。彼らの病気生活の中で、誰かに対して「私たちは汚れた者です」と大声で叫ぶことは幾度もあったが、自分たちを憐れんでと大声をあげたことはなかった。聖書の中には、大声でイエスに何かを求めた人たちは数少ない。らい病人たちはなりふり構わずイエスに叫び求めたのだ。

 

  • イエスの言葉に従う信仰

彼らの切なる求めに対して、イエスは応答され、「祭司たちのところに行って、からだを見せなさい」という命令を彼らに与えられた。らい病人が癒された時、その人は祭司の所に行き、体を検査してもらう。祭司が検査して病人が癒されたと認められた場合、8日間の清めの儀式を経て、その者は自分の家族のところに帰ることができ、社会の中で生活することが許された。祭司の所には、病が癒された時に、検査をして頂くために行くのであって、癒されない状態で行っても無意味。しかしイエスは彼らに単なる命令を与えているのであって、その命令には何の約束も付け加えられていない。「祭司の所に行けば癒される」とか「8日後に癒される」という約束はどこにもない。ところが、病人たちは何を思ったのか、イエスの命令に従い、祭司のところ向かっていった。サマリヤ人も同じ行動をとった。サマリヤ人がユダヤ教の祭司の所に行っても、祭司は彼を門前払いするに違いない。何故ならユダヤ人にとって、サマリヤ人は汚れた民であり、らい病を患っているサマリヤ人は札付きの汚れた者であったから。しかし彼はそのような壁があることを承知で、イエスのお言葉に従っていった。すると奇跡が起こった。

 

  • 神が癒して下さった信仰

・サマリヤ人がイエスのもとに帰って来た時に、イエスは「きよめられたのは、十人ではなかったか。ほかの九人は、どこにいるのか。神をほめたたえるために帰ってきたものは、この他国人のほかにはいないのか」と言っておられる。イエスは彼らに癒されたら自分のところに帰って来なさいとは命じておられないが、癒された者たちが自分のところに帰ってくることを望まれていた。イエスはその場に留まり、彼らを待っておられた。彼らはイエスの命令に従うまでは同じ行動をとっていたが、癒された後に違いが生じている。9人と1人の行動を分けたのは一体何であったのか。イエスは帰ってきたサマリヤ人に「あなたの信仰があなたを救ったのだ」と言っておられる。サマリヤ人には信仰があったことになる。どんな信仰であったのか。それは(17:15~16)に見られる。「そのうちのひとりは、自分がいやされたことを知り、大声で神をほめたたえながら帰ってきて、イエスの足もとにひれ伏して感謝した。」 彼の信仰は、自分が癒されたことは神によるものという認識に基づいている。彼は癒された時、前に進むのを止めて、後ろを振り返った。振り返った先にはイエスがおられた。つまり自分の癒しは神であるイエスからのものであるという確信である。だから彼は引き返して、神を賛美し、神であるイエスに感謝を捧げた。反対に、9人にはその信仰がなかった。彼らはイエスに癒されたのにも拘わらず、誰に癒されたのか、何のために癒されたのか、を悟らないまま神不在の世界に飛び出していった。イエスは彼らに「ほかの九人は、どこにいるのか」(17:17)と言っている。イエスは彼らがいる場所を知りたかったのではない。自分との関係が希薄であることを嘆いておられる。9人には霊的な変化が起こりそうであったが、何も起こらなかった。しかしサマリヤ人にはイエスによる大きな奇跡が起こり、その御業に対する賛美と感謝を捧げる人生がスタートしたのだ。

 

終わりに

「サマリヤ人の信仰」について見てきた。今朝の御言葉から勧めをしたい。1つ目は、何のために、イエスに祈り求め、イエスのお言葉に従うのか。何のために。もし私たちが自分の問題解決のためだけに、それらを為していくならば、私たちは9人と同じ行動を取る様になる。神を己のために利用し、神を忘れるようになる。神の御名が崇められるために、私たちは神に祈り求め、神に従うべき。神の御名が崇められることが、私たちにとって最大の喜びである。

2つ目は、神が癒して下さった信仰に立つこと。神の癒しはイエスを通して私たちに与えられる。神の癒しは、神と私たちを親しい関係に造り変える。イエスのところに私たちが帰るためには、自分はイエスによって癒された確信を持つ必要がある。自分のために前に進むのを止め、イエス(イエスのお言葉)の方向を向くのである。神に感謝を捧げることは、皆と同じように振舞っていれば、自然にそうなるのではない。聖霊の助けを受けて、あなたが自分の意志でイエスの方を振り返る時、それは大きな喜びの中で起こる。

« 2020年1月19日(日)主日礼拝説教概要 | トップページ | 2020年2月2日(日)主日礼拝説教概要 »

毎週の礼拝説教」カテゴリの記事