« 2020年3月22日(日)主日礼拝説教概要 | トップページ | 読んだ本の紹介 ウィリアム・アイリッシュ著『幻の女』(ハヤカワ文庫 2011年) »

2020年3月31日 (火)

2020年3月29日(日)ウェルカム礼拝説教概要

説教タイトル:「遺言 ~受け取って欲しいこと~」

説教テキスト:ヨハネによる福音書131節〜17

 

初めに

遺言での笑い話。古い醤油屋を経営していた商店が経営難で近く廃業することになった。最後の店主となったお爺さんが亡くなる前に、家族に遺言をした。「創業者の爺さんが、どうにもならなくなったら山の頂上を掘りなさいと言っていた。確認したことが無いから分からんが、大爺さんが言うには大金が埋まっとるらしい。」 この話が発端で、親戚中で山の頂上を堀りに行くことになった。見たことも無いような親戚も集まってきた。しかし掘って出てきたものは熟成された年代物の醤油であった。

 

  • 僕の姿を通して表されたイエスの愛

13章から17章はイエスの告別説教。イエスはご自身が殺されて、三日後に蘇り、天に帰られることをご存じであった。イエスが12弟子たちと共に過ごすことができるのはわずかな日数。その間にイエスは彼らに受け取って欲しいことを与えられた。それはイエスが彼らを愛しておられること。イエスはご自身の態度で愛を示された。イエスは夕食の最中に、彼らの足を洗われた。当時のユダヤ社会では、自分の家にお客様をお招きする際、その家にいる奴隷がお客様の足を洗った後に、その家の主人がお客様と一緒に食事をした。だから弟子たちは自分の師であるイエスが奴隷の様な行いをされたので驚いた。弟子ペテロは師匠イエスに、「主よ、あなたがわたしの足をお洗いになるのですか」「わたしの足を決して洗わないで下さい」と言った。しかしイエスは「もしわたしがあなたの足を洗わないなら、あなたはわたしとなんの係わりもなくなる」と言われて、彼らの足を洗われた。またイエスは「わたしのしていることは今あなたにはわからないが、あとでわかるようになるだろう」とも言っている。イエスの弟子たちに対する洗足は、イエスと彼らを深く結びつけるものであり、後で理解できるもの。後とは何時か。それはイエスが十字架にお架かりになり、三日後に蘇り、天に帰られた時である。洗足とは足の汚れを洗い流し、綺麗な体で、招かれた家の主人と交わるためのもの。洗足はイエスの十字架によって彼らに与えられる雛形。イエスの十字架は彼らの罪を赦し、罪を清め、親しく交わることを可能とする。イエスは十字架の愛で、弟子たちを招き、彼らを親しい関係を結びたいと願っておられる。イエスの十字架の愛は、天の栄光に輝くイエスが奴隷となられて弟子たちに仕え、彼らの足を洗うイメージを持ったもの。

 

  • 互いに愛し合うこと

イエスの洗足は弟子たちに注がれた愛であるのと同時に、その愛を受け取った弟子たちが互いに愛し合うための模範。組織はリーダーによって決まる。ブラック企業のリーダーは組織の人間を人間として見ていない。イエスはどのようなリーダーであったのか。イエスに従ってきた弟子たちがイエスに期待していたことは、イエスが国の王様なること。そして弟子たちは王様の下で働き、人々の上に立つ偉い人になることを思い描いていた。彼らはお互いに誰が一番偉いのかという議論に耽っていた。しかしイエスは彼らの夢を見事に打ち砕く。イエスは王様になることを拒否し、人に仕えるサーバント・リーダーとしての模範を示された。また弟子たちには、奴隷のように互いに足を洗い合うことを命令された。足を洗うとは相手を愛するための表現の1つ。足を洗うそのものの行為が大切な事ではなく、互いに仕え合うことが大切である。イエスの愛の行いから、弟子たちが互いに愛し合うための模範を知ることができる。愛は行いによって表されるべきもの。愛を行うためには、自分の肩書や立場を捨てて、卑しい立場になる必要がある。愛はその時理解されなくても良い。愛は受け入れられない場合がある。愛は自分を裏切る者にも注がれる。このようなイエスの愛が弟子たち(教会)に注がれている。教会は愛を受け取るだけではなく、愛されている者として愛し合うことが求められている。イエスは昇天される前に、そのような共同体をこの地上に残したいと願われた。

 

終わりに

「遺言 ~受け取って欲しいこと~」を見てきた。1つ目の勧めは、イエスの十字架の救いを受け取ること。イエスは十字架の救いを必ず受け取って欲しいものとして残された。イエスの救いは、私たちが神を信じないで生きようとする様々な夢や欲望を打ち砕き、私たちを愛のある者に造り変えていく。2つ目の勧めは、遺言を残す教会として生きる。教会はイエスの弟子たちの集まりであるから、イエスと同じ様に生きる。イエスが遺言を残されて生きた様に、教会も同じ様に生きる。アメリカ16代目大統領リンカーンの母親ナンシーさんの証し。リンカーンはアメリカのケンタッキーの貧しい家に生まれた。母親の息子リンカーンに対する遺言は「汝は百エーカーの農場を持つよりも、一冊の聖書を持つ者となりなさい」といもの。私たちは何を残そうとして生きているのか。人は自分が大切にしているものを残して生きるもの。あなたが大切にしているものは何か。

 

 

« 2020年3月22日(日)主日礼拝説教概要 | トップページ | 読んだ本の紹介 ウィリアム・アイリッシュ著『幻の女』(ハヤカワ文庫 2011年) »

毎週の礼拝説教」カテゴリの記事